比較情報

消費者金融のキャッシングの申し込みは急いでいたとしても同時申し込みは避けたほうがいいでしょう。

消費者金融では初めてキャッシングの申し込みをしようと思ったら、まずはどこか気に入ったところやオススメされた業者に申し込むことになります。しかし、あまり時間がなくて急いでいるときや審査落ちすると困るので、何件か申し込んでおきたいと思ったとき、そうした申し込み方法は可能なのでしょうか?
同時に複数の消費者金融業者にキャッシングの申し込みをすることができますが、同時に申し込むにもその数に限度があります。できれば、3社以内に抑えておきたいところです。総量規制の問題がありますので、それ以上申込むと希望する利用限度額を得られないことがあります。さらに審査落ちした履歴も残ってしまいますので、無理な申し込みは慎むようにしてください。また、同時に申し込むとしても少し間隔をあけて申し込むことも一つのテクニックになります。
複数の消費者金融業者に申し込むときは、必ず個人信用情報を照会しますので、希望する利用限度額が通らないことがあります。なぜかといいますとそれぞれの消費者金融業者で審査にかけるときに同じ情報を照会することになるからです。順番が前後すれば、希望する利用限度額が得られないケースもありますので、キャッシングの同時申し込みは避けておいたほうが無難です。また、計画を立てずにやみくもにキャッシングに申し込んでいるのではないかと取られかねないので、順番をずらして申し込むようにしましょう。
もし、キャッシングの申し込みをする前に時間があるという場合は、キャッシングサイトのお試し診断といったコーナーで、簡易診断をしてもらうといいでしょう。数秒で結果が出ると思いますが、予想される実質年率と利用限度額がすぐに出て便利です。これらの簡易審査の結果はあくまでも目安です。入力フォームにもそれほど重要な情報を入れていないので、もっと正確な情報を伝える本審査はまた違った結果になることがあります。
このように考えてみると、消費者金融のキャッシングの申し込みも、消費者金融業者同士で情報を共有しており、そう簡単に規制をすり抜けることはできないようになっています。事情があって急いでいたとしても、審査そのものは、即日または翌日には終了してその結果が出るようになっています。その審査結果を待って次の手を考えても遅くはないでしょう。